回線太郎

光回線、wimax、格安SIMについて思うこと

住むところによっては光回線のサービスの選択肢がぐっと減る?

住むところによっては光回線のサービスの選択肢がぐっと減る?

現在日本において光回線のサービスを提供しているのは、もともとインターネットサービスを提供していた会社だけではありません。

現在は電力会社や携帯電話会社やケーブルテレビ会社など最初は別のサービスを提供していた会社でも光回線のサービスを提供しており、その数はかなり多くなっています。そのようなこともあって現在光回線を契約したいと思う場合はそれぞれの月額使用料やサービスの内容などを比較した上で、顧客の好きな会社の光回線のサービスを選ぶことが可能です。

そのため今の日本においてはよほど人口の少ない地域、もしくは民家のない地域を除いてはどこかしらの会社の光回線サービスが提供されているものです。

しかしながら地域によってサービスを提供している会社はそれぞれ違い、地方都市や山間部の場合は選べるサービスがほとんどなく、値段が高い上にサービスもそれほどよくないと思われるような会社の光回線を利用せざるを得ない場合もあります。

また例え比較的人口の多い地域であって、一戸建てのような自己所有の物件であれば選べる光回線のサービスの選択肢が多いという場合でも、住んでいるのが賃貸物件の場合には物件によっては最初から利用できる光回線が限られている、もしくは最初から設備の1つとして特定の会社の光回線が取り付けられていることもあります。

なので仮に他の光回線の会社のサービスを利用したいと思っていても、自分の賃貸物件には導入できないケースもあります。それどころか賃貸物件自体に光回線が敷かれていない場合には管理会社もしくは大家さんの許可を得ないと光回線を導入できないので、もし許可が得られなければ自宅で光回線自体が利用できないこともあるのです。

自宅において光回線のサービスが利用できない場合、wimaxなどの工事を不要とするインターネットサービスを利用するという方法もありますが、通信制限がない光回線はとても便利な上に、現在はインターネットは生活や仕事においては欠かせないものなので、可能ならば自宅には安定してサービスを受けられる光回線を設置したいものです。

なので引っ越しをする際などで新たな物件を探す場合は、まず地域にどれくらいの会社の光回線のサービスが提供されているか、また賃貸物件を選ぶのであれば光回線の導入がすでにされているかどうか、そしてその場所でどの会社のサービスが利用可能であるかどうかを前もって調べておく必要があります。